漆ヘニュードと漆イオンカ

Marquee

麗し、潤しが語源と言われている漆はその名の通り美しい外観と水の力によって作られます 。
日本は世界最古の漆文化を持っていますが、現在確認されている最古の物は縄文草創期 (12000〜10000年前)の物が福井県の鳥浜貝塚から出土しています。その他にも北海道で1 万年を越す漆器が発見されていますが、この先もっと古い漆器が出土されるのではないかと 専門家達は予測しています。
漆は1万年前の漆器が今でも残っている事から解るように強靭な塗膜や防腐性を持っていま すが、それだけではなく、表面の美しさ、塗りの難しさ、そして強烈なかぶれから神秘的な 力があるとされており、縄文期から今に至るまで特別な扱いを受けてきました。縄文期では 神具として使われていたことが解っており、弥生や古墳時代にも棺や宝刀など日本人にとっ て漆は神聖な異世界と密接な関係を持っています。現代では仏壇の塗装や冠婚葬祭など今で もその心は変わっていません。
ただ漆なら何でも1万年もつかと言ったらそうではなく、縄文時代の漆の技術というのは今 の漆塗りの技術とほぼ変わらない高い技術を持っていた事が分かっています。漆を濾す為の 布を織り、精製し、丁寧に付けられた下地と幾重にも塗り重ねられた漆器だからこそ長い年 月朽ちることなく形を留めているのです。漆を濾す布を織る技術があった事からしても、縄 文人たちの文化は私たちが想像しているよりも遥かに高い文化を持っていた事は間違い無く 、その技術力で帆を作り風を捕まえ遠い海外へも行っていた事でしょう。
特に赤と黒を好んだ縄文人達は鉱物から水銀朱や弁柄といった顔料を見つけ出し、朱漆を作 り出すことに成功し、数多く利用してきました。縄文人達には神に捧げる神具である土器の 制作を担う専門集団がいた事が分かっているように、漆器の専門集団がいた事でしょう。
これほど進んだ漆文化も残念ながら弥生以降には簡略化され技術は受け継いがれることは無 く、中世に中国から技術が逆輸入されるまで日本列島では漆の暗黒期とも言われる時代が続 きました。


アイヌ文化と漆器

アイヌ文化を見てみると、カムイノミ(神に願いを立てる儀式)などの儀式には見事な漆器 群が並びます。北海道には漆が採れる程の木が無かった為、北海道の縄文人達は持ち前の交 易術で縄文期には青森から入手し、アイヌ民族と呼ばれるようになった中世には主に輪島地 方から漆器を手に入れていました。アイヌはよほど漆を重宝したらしく、中世には交易の為 輪島から多くの塗師が北海道に渡っており、アイヌ達は重要な神具であるイクパスイ(酒棒 )に漆を塗らせたりしていました。今でもアイヌ達が神具として大事に扱ってきた古い漆器 がたくさん残っています。漆は儀式に無くてはならない物だったので、そこに縄文人達の面 影を見る事が大いにできます。本土でもそうですが北海道においても、土器が使われる事が 無くなり木の文化になった背景には鉄器の文化と共に漆文化も深く関わっていたのです。
明治時代に本格的に開拓されるまでアイヌ達は自然界を畏怖し、カムイ達と暮らす昔ながら の生活を大事に守ってきましたから、現在も残るアイヌ民族の儀式には縄文期、日本列島で行われていた儀式様式をほぼ残しているのでしょう。


漆ヘニュード・漆イオンカ

太古の昔より神への捧げ物として日本列島で使われてきた漆、それをヘニュード・イオンカ という魔術的な楽器に取り入れて一つの神具として、日本列島に合った形で造り上げたいと 思う気持ちが発端で漆ヘニュード・漆イオンカは産まれました。
作り方もただ塗るのではなく本堅地という正統な作り方で何重にも下地を付け、中塗りから 上塗りまで幾重にも塗り重ねています。楽器で有る事は勿論ですがそれだけではなく一つの 作品として、一つの神具としての制作を心がけています。アイヌ民族においてヘニュード・ イオンカに漆を塗った形跡は見当たりませんが、日本独特の混ぜ合わせ精神でより良い物を 目指すことによって漆ヘニュード・漆イオンカを造りました。その甲斐あって音も素晴らし く、耐久性にも優れた一品となる事に成功しました。
この楽器に惹かれる人達は、多かれ少なかれこの音に何か神聖な物を感じとっているからで はないでしょうか?正に本来この同原理の楽器がある地域ではそのように扱われ、霊界との コンタクトや語りかけるために使われています。そこに漆を取り入れる事によってより強力 に自然界のスピリットを受ける事が出来るように魂を込めて作り上げた漆ヘニュード・漆イ オンカ。
これを受け取る人にDNAの底から記憶とスピリットが沸き立つ事を願っています。

漆ヘニュード・イオンカのお取り扱い方・お手入れ

漆は取り扱いに注意しなければならない事が何点かあります。

先ず、本物の天然漆をたっぷりと使っているので制作時に充分乾燥させていますが、真まで 完全に乾燥するには2年ほど時間が掛かります。その2年間で演奏者にしっくりと馴染む様 になり、音は乾燥すればするほど良くなっていきます。表面が乾いて入れば滅多にかぶれる 事はありませんが、漆に特に弱い体質の方は稀にかぶれる事があります。その場合は皮膚科 に行き、リンデロンAやVクリームの塗り薬を処方してらえばすぐに治りますのでかぶれが広 がるようであれば無理をせずにすぐに皮膚科に行って処方してもらってください。かぶれた ヘニュード・イオンカはお風呂場のような湿度の高い場所で1週間程保管すればかぶれる事 はなくなると思います。


▼日頃のお手入れ

●柔らかい布で指紋などを傷つかないように拭いてあげるようにします。それでも取れない 汚れは軽く水を含ませた柔らかい布で拭いてあげてください。

●ケースなどに入れて持ち運ぶ際は直に入れず絹の布に包んでおくと摩擦で綺麗な艶が出ま す。
●漆は水の要素で成り立っていますので極度の高温状態や乾燥は絶対に避けてください。
●紫外線は漆自体の劣化の原因となりますので直射日光に長時間晒す事は避けてください。
●強い衝撃や鋭利な衝撃を与えると破損しますので大切に扱ってください。

●漆は優れた抗菌効果や殺菌力も有りますが、ヘニュード・イオンカの内部が臭い出してく る様でしたら、柔らかいスポンジなどで水を流しながら洗って下さい。水には強いので水濡 れには気にすることはありませんが、何時間も水に浸けておくようなことは避けてください 。

●漆は強靭な強度を持っていますが海外へ持っていくような事がある時は、必ずハードケー スのような物(木の板などで作るのが一番安全です)で保護してください。空港の荷物は乱 雑に扱う事が多く、重い荷物などで壊される事があります。

漆ヘニュード・イオンカは楽器である事は勿論ですが、本堅地塗りを施した時点で美術品で もあります。
そして約2年の歳月をかけて演奏者に合ったように変化していきます。
人工物を一切使わず天然の物だけで作られている為、呼吸している生き物です。
大事にして育てれば必ず気持ちに答えてくれます。
素晴らしい漆ヘニュード・イオンカとの時間を心より願っております。

黒潮アートギャラリー

Copyright (C) 2007 Marquee Djomula Japan. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system